当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

失業保険の金額をシミュレーションで計算しよう【あなたはいくら?】

その他のサービス紹介

「自分が失業保険をどれくらいもらえるのか知りたいけど、計算式が複雑すぎて意味がわからない」「金額をシュミレーションできるツールはないかな」と頭を抱えてはいませんか?

失業保険の計算は本当に面倒ですよね。この記事では、失業保険の給付金額計算ツールをはじめ、以下の内容を紹介しています。

この記事の内容
  • 失業保険の給付金額計算ツール
  • 失業保険の基礎知識
  • 失業保険の合法な裏技
  • 失業保険を3倍以上に増やす方法

あなたが受け取れる金額がざっくりわかるだけでなく、受給金額を3倍以上に増やす方法まで紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

【退職コンシェルジュ】失業保険サポート

この記事を書いた人
金魚

上司からのいじめ。挨拶しても無視されて、挨拶がないと怒鳴られて。そんな生活が嫌で無職になったアラフォー。
2022年秋に仕事を辞めて、2023年夏まで受給しました。今は沖縄で再就職しています。
退職コンシェルジュのおかげでほぼ1年休みました。とても大切な、価値観の変わる1年でした。
働かなくても毎月もらえる給付金。興味ある方はぜひご相談ください。公式LINEで相談受け付けています
。https://lin.ee/eDXy7XZ

金魚をフォローする

失業保険の金額をシミュレーションで計算しよう

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/29616245&title=計算機を使う女性%E3%80%80家計イメージ

まずはあなたの先月の給料明細から「総支給額」を探して、「先月の給料の総支給額(円)」に入力してください。そしてあなたの年齢を入力後「計算する」をクリックすると、あなたのざっくり支給額が表示されます。

失業保険受給金額シミュレーター

失業保険受給金額シミュレーター

あくまでこの金額は目安です。正確な金額はハローワークで計算してもらいましょう。ただ、大幅にずれるようなケースはありません。

当サイトは仮に先月の給料が6か月続いたと仮定して計算していますが、もし6か月分の給料明細をすべてお持ちなら、6か月分の平均値を入力してください。より正確な計算ができます。

「10ヶ月(300日)受給したときの総支給額」は、10ヶ月受給する手続きをした方だけが受け取れる金額です。その方法は記事後半で触れますので、どうしても気になる方はこちらまでスキップしてください。

失業保険はいつからもらえる?待期期間と受給制限、失業認定日の話

自己都合で退職した方だと、失業保険は退職してから2か月程度経たないと支給が始まりません。しかも実際に入金されるのは受給制限が終わったあとさらに約4週間後です。

失業保険が入金されるまでにある制限
  • 離職票が届くまでの期間
  • 待期期間7日間
  • 受給制限60日間
  • 失業認定日4週間に1回

上記4つの制限があるので、実際に入金されるのは退職してから約3ヶ月後が最速です。3ヶ月は暮らせるだけの貯金をつくってからでないと、給付を受け取る前に生活できなくなります。

なお、受給制限がなく退職後約1ヶ月で入金される特別な方がいます。あなたがその特別な方かもしれませんので、記事後半のこちらをぜひお読みください。

それぞれの制限について、次の見出しからもう少し詳しく解説しましょう。

離職票が届くまでの期間

失業保険は、すべての日にちをハローワークに離職票が提出された日を基準に計算します。つまり、離職票が届かなければいつまで経っても始まりません。

普通は2週間程度かかります。あらかじめ退職する会社の人事へ「急いでほしい」と伝えても、届くまで1週間は必要です。

もしもあなたがすでに退職していて、手元に離職票が届いていないなら、こちらの記事がきっと役にたちます。ぜひお読みください。

待期期間7日間

退職後1〜2週間経ってようやく離職票をハローワークに提出したあと、7日間の待期期間がはじまります。これは失業保険を申請したすべての方に存在し、例外はありません。

少し趣旨がずれますが、こちらの記事で待期期間について詳しく解説しています。待期期間がいつからいつまでか、その期間の過ごし方などを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

受給制限60日間

「自己都合理由」での退職には、7日間の待期期間のあとに60日間の受給制限が発生します。離職票が届くまでの期間と待期期間を合わせると、なんと70日以上も経過してしまいます。

なお、特別な方はこの受給制限がありません。あなたがその特別な方かもしれませんので、記事後半のこちらをぜひお読みください。

5年以内に3回以上失業保険を受給する場合、3回目以降は受給制限が90日になります

失業認定日が4週間に1回

受給制限の60日間を終えるとようやく給付が始まりますが、すぐに給付金が入金されるわけではありません。給付が始まったあと、失業認定日に失業が認定されて初めて入金されます。

失業認定日は4週間に1回しかないので、タイミングが悪いと離職後100日近く無収入で過ごさなければなりません。

失業保険の受給期間はほとんどの方が90日間

「自己都合」での退職の場合、勤務年数が10年未満の方は90日間しか受給できません。10年以上20年未満は120日で、20年以上は150日ですが、ほとんどの方は関係ないでしょう。

とはいえ、「自己都合」でも300日間受給する方法があります。記事後半をご覧ください。

ここでいう「受給期間」は「お金が発生する期間」のことで、厳密には「所定給付日数」といいます。本来の「受給期間」は「申請できる期間」のことで、退職後1年です。

失業保険は、バイトしながら受給する合法な裏技がある

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/1506169&title=ハローワークの資料

失業保険の給付額は、元々の給料の2/3程度です。2/3では足りない!と思う方には、受給しながらバイトする方法を執筆したこちらの記事を紹介します。

上記の記事の内容
  • 再就職手当が受けられない場合、損しないにはどうしたらいいか
  • 就職とみなされる条件・失業とみなされる条件
  • 雇用保険でもらえる給付金5つと、その条件
  • 不正受給になる状況2つ
  • 失業保険を受け取りながら合法的に働く具体的な流れ

「再就職手当を受給しようと思ったけれど、結果的に働きながら受給できそうだ」という内容です。これから申請する方も、すでに申請が始まっている方も役に立ちますから、ぜひお読みください。

失業保険には、受給期間と受給総額が3倍以上に増える仕組みがある

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/3106943&title=電卓を持つビジネスマン

失業保険には「就職困難者」という特別な仕組みがあります。普通に受給するのと比べて受給期間が300日まで延長されたり、給付制限がなかったりします。

就職困難者のメリット4つ
  • 受給期間90日が300日まで延びる
  • 待期期間(7日)終了後すぐ給付が始まる
  • (延びた結果)受給総額が3倍以上に増える
  • (延びた結果)再就職手当も優遇される

就職困難者だと認定されれば、待期期間(7日)がすぎるだけで給付が始まるので、離職後1ヶ月ごろには給付金を受け取れます。さらに、早期に就職が決まったときは、通常の3倍を超える再就職手当が支給されます。

  • 普通の方
  • 30歳
  • 退職前月収250,000円
  • 自己都合退職
  • 勤続4年
  • 失業保険の手続き:離職後15日
  • 再就職:離職後90日
  • 受給金額:離職後90日間で約80,000円受給(約15日分)
  • 再就職手当:約290,000円受給(約75日分)
  • 就職困難者
  • 30歳
  • 退職前月収250,000円
  • 自己都合退職
  • 勤続4年
  • 失業保険の手続き:離職後15日
  • 再就職:離職後90日
  • 受給金額:離職後90日間で約440,000円受給(約78日分) 
  • 再就職手当:約830,000円受給(約222日分)

就職困難者のほうが優位なのは、数字を見るだけで明らかですね。

失業保険を300日間もらうデメリット

うまい話にはよくない裏があるものです。ものごとには必ず表の面と裏の面がありますから、こういううまい話こそ裏の面をよく知らなければなりません。

就職困難者で失業保険を申請したときのデメリットは、以下の3つです。

就職困難者のデメリット3つ
  • 社会的な孤立感
  • 社会的な偏見差別
  • 自己評価の低下

こういったメンタル的なデメリットは、無職期間で積極的に活動すると回避できます。

最大300日の無職期間は、日常的に接する方の数が極端に減るでしょう。新たな習いごとを始めたり、地域のコミュニティに参加したり、新たな仲間作るよう努力しましょう。

偏見や差別の目線であなたを見る方がいるかもしれません。そんな方々は頑張っていたあなたを見ておらず、休んでいる状況だけを見て羨んでいます。「必ず見返してやる」と意識して、勉強に励みましょう。

300日間本当に何もしないなら、自分が力のない存在に感じてしまうケースがあります。しかし、真面目なあなたが何もしないなんてあり得ません。自分の夢を思い出して、趣味や勉強をもう一度頑張ってください。

失業保険を300日間もらう方法

就職困難者に認定されるには、以下3つの要素を揃えなければなりません。

就職困難者に認定される方法
  • 申請に協力的な病院・医師を見極め
  • 適切な方法、タイミングで手続きする
  • 医師やハローワークに認められる

①診断書や申請書をすぐに書いてくれる医師を探して、②役所と病院を往復しつつ手続きして、③「できない理由」ばかりいう医師やハローワークに納得してもらえれば、あなたも就職困難者に認定されるでしょう。

そんなのできない」って思いますよね。でも大丈夫。就職困難者に認定される複雑な手続きをサポートしてくれるサービスがあります。webやアプリでサポートされるので、全国どこにいてもサービスを受けられます。

失業保険サポートを受けるとこうなる
  • リストから受給実績があるクリニックを選べる
  • 申請書の間違いを提出前に添削してもらえる
  • 手続きするべき日がいつなのか教えてもらえる
  • 医師やハローワークへの話し方を教えてもらえる

申請に協力的な病院・医師はコンシェルジュが知っています。手続きの方法やタイミングも、コンシェルジュが教えてくれます。医師やハローワークへの話し方も、過去に上手くいったユーザーさんの例を教えてもらえます。

失業保険サポートの無料WEB説明会は、あなたが簡単に就職困難者へと認定される唯一の入り口です。

【退職コンシェルジュ】失業保険サポート

正直に書きます。あなたがこのサービスを契約すると私に報酬が入る仕組みですから、あなたにはぜひとも契約してもらいたいです。よろしくお願いします。

失業保険サポートを知った方が感じる7つの疑問

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/23655783&title=白い背景の前で悩む緑の服を着た若い女性

就職困難者に認定されれば失業保険を300日間もらえるのはわかったかもしれません。しかし、ここまで読んだあなたは今、こんな疑問を持ったのではないでしょうか。

失業保険サポートを知った方が感じる7つの疑問
  • 本当に私が就職困難者に認定されるの?
  • 上司や人事に言わなきゃ進まないよね?
  • もし認定されなかったら大損だよね?
  • それって不正受給じゃないの?
  • 本当は自分でもできるんじゃないの?
  • サービス料金はいくらかかるの?
  • 無料WEB説明会って、しつこく勧誘されるんでしょう?

これらの疑問に対して納得できる説明がない限り、あなたはきっとこのサービスを忘れてしまうでしょう。

それぞれに対して私が説明しますので、次の見出しからさらに読み進めてください。

本当に私が就職困難者に認定されるの?

就職困難者とは、障がい者手帳を持っている方や特定の精神疾患で通院されている方です。そう聞くと、自分が就職困難者になれるとは思えませんよね。

しかし実は、以下のような症状から就職困難者になる可能性があるのをご存知でしょうか。

就職困難者になれる可能性のある症状
  • 憂うつ、気分が重い
  • イライラして、何かに急き立てられるようで落ち着かない
  • 思考力が落ちる、反応が遅くなった
  • 疲れているのに眠れない、1日中眠い、いつもよりかなり早く目覚める
  • 食欲がない、胃の不快感
  • 体がだるい、疲れやすい、頭痛や肩こり、動悸
  • 涙もろくなった、落ち着かない、飲酒量が増えた
  • 気分の高揚感、睡眠欲求の減少、浪費・散財する

これらのどれか1つでも当てはまるなら、あなたも就職困難者に認定される可能性があります。

可能性があるとはいえ、確かに、必ず就職困難者として認められるわけではありません。

コンシェルジュは、過去90%の方が就職困難者として認められたと言います。逆に、残り10%の方は就職困難者として認められなかったそうです。

成功率90%を高いと思うのか、低いと思うのか、成功しなかったときのケースを知ってから考えてください。

上司や人事に言わなきゃ進まないよね?

会社とのやりとりはほとんどありません。会社に言わなければならないのは「辞めます」と「離職票をください」の2つだけ。離職票を受け取った段階で終了しますので、面倒な気遣いはいりません。

問題はあくまで医師やハローワークとの面談で、そのハードルを超えれば手続きが完了します。

もし認定されなかったら損だよね?

就職困難者としてあなたの申請が通らなかった場合、退職コンシェルジュはサービス料金を全額返金します。

退職コンシェルジュから見れば「ちゃんと受給できるまでサポートしないと大損害だ!」という状態をあえて作っています。それだけサービスに自信を持っているわけです。

利用者から見れば、成功すれば受給できるし、成功しなくとも全額返金されるので金銭的なリスクがありません。これはつまり、成功してもしなくても損しないようになっていると思いませんか。

確かに、労力や時間は返ってきません。労力や時間は多少損するかもしれませんが、サービスを利用せずに就職困難者を目指したときと比べると、かかる時間も労力も微々たるものです。

それって不正受給じゃないの?

当然ながら、をついて受給すると不正受給です。コンシェルジュも「正直に話してください」と助言をくれます。

「嘘をつかないならどうやって就職困難者になるんだろう」と思う方は、もう一度こちらの一覧をご覧ください。

就職困難者になれる可能性のある症状
  • 憂うつ、気分が重い
  • イライラして、何かに急き立てられるようで落ち着かない
  • 思考力が落ちる、反応が遅くなった
  • 疲れているのに眠れない、1日中眠い、いつもよりかなり早く目覚める
  • 食欲がない、胃の不快感
  • 体がだるい、疲れやすい、頭痛や肩こり、動悸
  • 涙もろくなった、落ち着かない、飲酒量が増えた
  • 気分の高揚感、睡眠欲求の減少、浪費・散財する

これらの状況は、わざわざ嘘をつかなくてもあなた自身に心あたりがあるでしょう。

こういった状況を正直に話せば、嘘になんてなりようがないのです。正直に自分の気持ちを話した結果、就職困難者に認定されれば、誰から見ても正当な受給です。

本当は自分でもできるんじゃないの?

もちろんご自分で申請できます。ただ、くりかえし現れる障害をすべてご自分で排除できればいいですが、対処できない障害に遭遇したなら、300日の失業保険にたどり着くのはかなり難しいでしょう。

想定される障害3つ
  • 「就職困難者」を医師やハローワークの職員でも把握していない方がいる
  • 「申請の順番」を間違い、大事なときに条件がそろわない
  • 「申請用紙の書き方」を間違い、提出先で不正受給を疑われる

どうしてもご自分で申請したい方は、この3つに気をつけて挑戦してください。

サービス料金はいくらかかるの?

あなたも、具体的にいくらかかるかが気になっているでしょう。しかし、たいへん申し訳ありません。スポンサーからこの金額を公開しないように申し付けられています。

金額が気になる方はこちらの広告リンクから無料WEB説明会に参加してください。

【退職コンシェルジュ】失業保険サポート

無料WEB説明会って、しつこく勧誘されるんでしょう?

「わたしは押しに弱いから、参加しちゃうと断り切れないよ」と思う方でも大丈夫。無料WEB説明会はただ流れる動画を見るだけで、勧誘がないどころか誰とも会話しません

動画を見終わったあと数日間、勧誘のメールが届きますが、無視していればすぐにメールも来なくなります。

無料WEB説明会に参加してもあなたの意思は尊重されます。気軽に参加してください。

失業保険の金額を増やしたいなら、無料WEB説明会へ参加しよう

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/29133437&title=スマートフォンを持って横になる若い男性

あなたが今月で仕事を辞めたときにもらえる失業保険の金額は、シミュレーションで計算しましょう。先月の給料明細があれば、給料明細に書いてある金額とあなたの年齢を入力するだけでざっくり計算できます。

とはいえ、普通に退職して普通に申請するだけなら70日以上の無給期間を耐え切る貯金が必要です。「就職困難者」を目指して、1ヶ月待たずに通常の3倍以上の金額を国から受け取りましょう。

「就職困難者」を目指すなら、【退職コンシェルジュ】失業保険サポートの無料WEB説明会に参加してください。参加といってもただ動画を見るだけですから、特になんの心構えも要りません。

画像;「失業保険サポート」ホームページ

あなたが今の仕事を辞めて、よりよい人生を歩けますよう、心からお祈りしています。上記の広告リンクをクリックして無料WEB説明会へ参加しましょう。

コメント