当サイトはアフィリエイト広告を使用しています

仕事を辞めたいけど言えない!怖い上司と戦わずに逃げる唯一の方法

その他のサービス紹介

「仕事を辞めたいけれど、上司が怖くて言えない」「みんな忙しいのに、こんな状況で辞めたら仲間に迷惑がかかる」と悩んでいませんか。

仕事を辞めたいなら、まずは上司に伝える必要があります。しかし過去に辞めようとした同僚が「この状況で辞められるわけがないだろう」と上司に言われていたら、あなたもなかなか言い出せなくて悩みますよね。

この記事では「仕事を辞めたいけど怖くて言えない」あなたに、上司と直接戦わずに辞める方法をお伝えします。

この記事の内容
  • 上司と戦わずに退職する方法
  • 退職するときに気にしなくて良いこと
  • 退職前に有給消化する方法
  • 怖い上司に退職を伝える方法

仕事を辞めたいと上司に伝えるのは、あなたでなくてもいいのです。怖い上司や嫌な仕事から逃げるためにも、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人

2023年3月から、会社での人間関係に悩み、退職に向けてWebライター業をスタートしました。
悩みを抱える人々に少しでも勇気を与えられるように、日々学びを深めています。
主にIT・マーケティング・不動産に関する記事を執筆しています。

shiorinnaをフォローする

怖くてどうしても言えないなら退職代行サービスを利用しよう!

画像:「退職代行Jobs」ホームページ

「仕事を辞めたい」と上司に伝えるのは、何を言われるのかわからないので怖いですよね。

上司から怒鳴られるかもしれないし、ため息をついて失望されるかもしれません。そんな上司の反応を見たくないなら、退職代行で逃げてしまいましょう。

「退職代行」を使うと、あなたは明日から休めるうえ、会社からの連絡を全て無視できます。退職の意思を会社に伝えたり、書類の手続きをしたりする面倒な作業はすべて業者が代行してくれます。

退職代行Jobsは、労働組合と連携し、弁護士により監修されたサービスです。料金は現金後払いが可能で、退職が実現しなかった場合には料金を全額返金するため、退職代行サービスを初めて利用する方でも安心して利用できます。

退職代行Jobsの特徴
  • 労働組合と連携
  • 弁護士による監修
  • 料金の後払いが可能
  • 退職できなかったら全額返金

退職代行Jobsは24時間対応しており、手続きは最短30分で完了します。苦しみから1日でも早く解放されるために、画像をクリックして退職代行Jobsへ申し込んでください。

仕事を辞めたい方が気にする、本当は考えなくていい2つの勘違い

画像:https://www.pakutaso.com/20220500147post-40364.html

いざ会社を辞める決断をしても、以下のような不安はありませんか?

会社を辞めたいときに考えなくていい2つの勘違い
  • 辞めさせるかどうか決める権限は、上司が持っている
  • 社員が減って同僚の仕事量が増えるのは退職者の責任

上記の2つはあなたが気にしなくて大丈夫です。「そう言われても気になるものは気になるよ」と思う方は、次からの見出しを必ず読んでください。気にしなくていい理由をそれぞれ詳しく解説します。

勘違い①辞めさせるかどうか決める権限は、上司が持っている

仕事を辞めるにあたって、まず最初は「退職願」を提出するのが円満な退職のコツです。しかしこの「退職をお願いする」との表現から、「退職させるかどうか決める権限は上司が持っている」と勘違いする方がいます。

どれだけ怖い上司でも、あなたに労働を強制する権利はありません。あなたが最低限のルールを守ったなら、いつでも会社を辞められます。

退職するにあたって守るべき最低限のルールは、以下の2つです。

退職時の最低限のルール
  • 退職届を提出する
  • 退職届の提出日と、退職届に記載する退職日を2週間以上ずらす

「退職願」を提出して一旦お願いするのが円満な退職のコツですが、代わりに手続きが増えてしまいます。最初から「退職届」を出しても法律上は問題ありませんので、早く辞めたいなら「退職届」を準備してください。

退職届の準備方法やルールについては、以下の記事で詳しく解説しています。最低限のルールを守って退職しましょう。

勘違い②社員が減って同僚の仕事量が増えるのは退職者の責任

あなたが仕事を辞めた結果同僚の仕事が増えたとしても、それは会社の責任です。

会社は、労働基準法で「1日あたり労働者を働かせられる時間」が決められています。なので会社は、少々人数が減っても問題なく業務ができるような準備をしなければなりません。

「辞めたやつが悪い」「あいつのせいで会社が回らなくなった」などと言えてしまうのは、この法律を知らない方々です。素直な気持ちで話を聞くとあなたが損をしますから、あまり真面目に聞かないようにしてください。

辞める会社よりも、この先あなたが笑って過ごせる未来に目を向けましょう。

有給消化したいけど怖いし言えない!退職前は強引に取得できる!

画像:https://www.pakutaso.com/20220251033post-38594.html

仕事を辞めるにあたって、有給消化を諦めていませんか?有給はあなたに与えられた権利なので、上司が怖いのを理由に諦めるのはもったいないです。

有給消化の取得を諦めたなら、その日数分タダ働きしているのと同じです。上司がどれだけ怖くても、会社がどれだけ悪質でも、法律はあなたの味方です。諦めずに有給休暇を取得しましょう。

有給は会社を辞める直前に強制的に使用できます。「勝手に休んだら給料をもらえないかもしれない」と思うかもしれませんが、有給休暇の給料を支払わなければ、会社が罰せられます。

こちらの記事で辞める直前の有休消化を強制的に取得する方法を解説していますので、あなたがもし有給消化を諦めているなら、必ず読んでください。

怖い上司に「仕事を辞めたい」と言えるようにする対処法3つ

画像:https://www.photo-ac.com/main/detail/22230761&title=%E6%8C%87%E5%B7%AE%E3%81%99%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E8%83%8C%E6%99%AF

今まで働いてきた会社を辞めるのは大きな決断です。上司が怖くて言えないという理由以外にも、「収入が減るのが怖い」「転職先が決まってなくて怖い」などの不安を持つのは当然です。

仕事を辞めたいと言いたいけど怖くて一歩が踏み出せない時には、以下の3つを試しましょう。

怖い時の対処法
  • 先に転職先から内定をもらう
  • 退職経験者に相談する
  • 精神病の可能性を知り、診断書を入手する

「仕事を辞める」と上司へ伝える前に、上記を試すと不安を和らげられます。それぞれの対処法を以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

仕事を辞めたいけど言えない!怖いなら、誰かに伝えてもらおう!

画像:https://www.pakutaso.com/20220938264post-42803.html

仕事を辞めたいのに怖くて言えないなら、第三者に伝えてもらいましょう。怖くて伝えられないまま時間が経ったり、怖い上司に引き止められ続けたりするようなストレスを感じずにすみます。

以下の2つは明らかに勘違いです。あなたには仕事を選ぶ権利がありますし、辞めたあとの会社の運営はあなたと全く関係ないので、遠慮せず辞めてしまいましょう。

会社を辞めたいときに考えなくていい2つの勘違い
  • 辞めさせるかどうか決める権限は、上司が持っている
  • 社員が減って同僚の仕事量が増えるのは退職者の責任

あなたが1日でも早く会社を辞めるために、以下の広告リンクから退職代行Jobsへと相談してください。24時間いつでも退職の相談ができますので、今すぐこちらのリンクをクリックしましょう。

コメント